茨城朝日媒体案内

広告出稿の案内

朝日新聞購読申し込み

アート/ステージ情報

|アート情報|ステージ情報ムービー情報

 

世界に通用するアーティスト100人〜草間彌生と現代アートの祭典

[期間] 4月20〜25日
[会場] 京成百貨店6階アートギャラリー(26日まで)、7階催事場(水戸)TEL.029(231)1111
昨年文化勲章を受章し、水玉等をモチーフに制作する草間の平面作品を中心に、千住博、奈良美智、向井修二、藤田嗣治らの絵画、版画、オブジェ、陶芸、ガラス作品など約300点を展示。

 

山中真理展〜聲

[期間] 4月23日まで
[会場] ギャラリーしえる(水戸)TEL.029(241)5696
日立市の現代美術作家・山中の抽象画を中心に、大作4点と小作品数点を展示。

 

渡邊信雄 個展

[期間] 4月22〜30日
[会場] UTSU工房 Nobu's ギャラリー&Cafe(笠間)TEL.0296(71)1035
日展、茨城工芸会で活躍する渡邊の陶盤や水差し、花器、ぐいのみなどを展示。

 

東香織展〜春色

[期間] 4月22日〜5月7日
[会場] ギャラリー桜(笠間)TEL.0296(72)0803
笠間市で作陶する東の食器「かいシリーズ」を中心に香炉や陶板、茶碗(わん)、酒器など約50点を展示。

 

山下秀樹 作陶展

[期間] 4月22日〜5月12日
[会場] 回廊ギャラリー門(笠間)TEL.0296(71)1507
山下の代表的な銀化天目の作品約500点を3週間にわたって展示。

 

内藤加奈子 作陶展

[期間] 4月23日まで
[会場] きらら館(笠間)TEL.0296(72)3109
京都で活動する内藤が、イッチンや金彩の技法で花や自然をモチーフに制作した器などを展示。

 

全日本写真連盟 日立支部・常陸大宮支部コラボ写真展

[期間] 4月20〜26日
[会場] 多賀市民プラザギャラリー(日立)TEL.0294(22)2178 日立支部・阿部
同連盟日立支部15人と常陸大宮支部7人のメンバーが、風景や身の回りのものにスポットを当てて撮影した作品を各2点ずつ展示。

 

手織展「風・舞う」

[期間] 4月23日まで
[会場] 古民家ギャラリー木の花(水戸)TEL.029(241)5970
同市の茂垣晶子が、はた織り機で絹や綿を織って作製した洋服=写真=やマフラー、バッグ、タペストリー、小物類などを展示。

 

リトルプレス展「ZINE UP!」

[期間] 4月22日〜5月7日
[会場] ミネルバ(水戸)TEL.029(226)8688
県内外のクリエイターやアーティスト、フォトグラファーらが、それぞれの感性を写真やイラスト、コラム、詩などで自由に表現した自費出版誌「ZINE」を一堂に展示。

 

春を紡ぐ─行田奈奈の手仕事展

[期間] 5月23日まで
[会場] 桃花堂(水戸)TEL.029(227)3080
シルクを中心に、手織りのジャケット、ベスト、マフラーなどを展示。

 

時に棲(す)む彩(いろ) 藤原ゆみこ展

[期間] 5月21日まで
[会場] 常陽史料館アートスポット(水戸)TEL.029(228)1781
牛久市在住の藤原が、群青色や薄墨色を背景に白ユリや桜等の花々を描いた屏風(びょうぶ)など、岩絵の具で制作した作品を展示。4月19日、5月11日午後1時30分〜4時に、日本画ワークショップ「はじめて触れる岩絵具」(各回先着15人、2000円、要申し込み)も。

 

第16回 白菊書道会展〜古典に学び今を拓(ひら)く

[期間] 4月20〜23日
[会場] 笹目宗兵衛商店ギャラリー蔵一棟(笠間)TEL.0296(72)0021

 

道祖土昌男展

[期間] 4月25日まで
[会場] ギャラリー空(SORA)(ひたちなか)TEL.029(263)5877
水戸市の工芸作家・道祖土が「飾るもの・使うもの・想いのまま」をテーマに制作したオブジェや花器、カップ、ボウル、プレートなどの新作約100点を展示。額装作家・笹島克彦とのコラボレーションによる額装陶板画作品15点も。

 

古希記念 松本 芳枝 油彩展

[期間] 4月30日まで
[会場] コーヒーショップコマクサギャラリー(ひたちなか)TEL.029(273)9695
同市にアトリエを持つ松本が、長野県白馬村の五竜岳を描いた作品などを展示。

 

創作人形三人展

[期間] 4月18〜24日
[会場] ギャラリー・サザ(ひたちなか)TEL.029(274)1151
創作―では、熊谷美智子、前田陽子、森山幸子の作品を展示。

 

トールペイント教室「優しい時間」20周年記念作品展

[期間] 4月21〜23日
[会場] 道の駅ひたちおおた体験交流室(日立)TEL.0294(85)6888
日本手芸普及協会会員の大高明子と、大高が講師を務める同教室生徒による作品50点を展示。

 

工房 朋 市松人形展

[期間] 4月20日まで
[会場] ギャラリー加古(水戸)TEL.029(255)6005
奈良市の人形工房「朋」の、胡(ご)粉と膠(にかわ)を丁寧に練り込んだ頭に、胴体は江戸末期〜昭和初期のちりめんや帯地を仕立て直して着せた人形を展示。

 

「やきもの」の系譜

[期間] 5月21日まで
[会場] 県立歴史館(水戸)TEL.029(225)4425
縄文土器から陶磁器まで日本人が使用してきた「やきもの」の器の特長や歴史を、県内で出土した考古資料を中心に紹介。入館料一般150円、大学生80円。高校生以下、満70歳以上、身体障害者手帳所持者と付き添い1人無料。

 

シモヤユミコ作陶展

[期間] 4月21日まで
[会場] 回廊ギャラリー門(笠間)TEL.0296(71)1507
新作のリム皿やリム鉢なども含め、シモヤの全作品約400点を展示。

 

浜坂尚子・ミヤチヤスヨ Green shoots

[期間] 4月23日まで
[会場] SPACE NICO(笠間)TEL.0296(73)0750
愛知県で作陶する浜坂とミヤチによる2人展。春の芽吹きをイメージした器を展示。

 

茨城県教育友の会写真クラブ 県北支部 第23回写真展

[期間] 4月26日まで
[会場] 日立シビックセンター1階ギャラリー(鹿嶋)TEL.0294(24)7711
江尻智一、赤津良子、鈴木三千幸、生田目満男、矢吹定男、石川耕利、斉藤一男、鈴木理吉ら、会員16人の作品を展示。