茨城朝日媒体案内

広告出稿の案内

朝日新聞購読申し込み

イベント情報/フリーマーケット情報

|イベント情報|フリーマーケット情報

たかはら自然塾イベント

日立市十王町の同所▽たかはら新緑探訪とよもぎを摘んで草もち作り体験 4月22日午前9時に集合。先着30人。1500円。軍手、帽子、エプロン、三角巾、キッチンばさみ持参。雨天実施▽コケ玉作り体験 25日、5月28日午前10時〜正午。各日先着30人。1500円。綿黒糸、エプロン、はさみ持参。雨天実施▽タケノコ掘り体験 4月29日午前9時30分〜正午。先着15人。中学生以上1500円、小学生500円。軍手、帽子、掘ったタケノコを持ち帰る袋持参。雨天中止。いずれも電話で申し込む。TEL.0294(39)5391

久慈川菜の花まつり

4月23日午前10時〜午後3時に日立市の同川河川敷地「菜の花緑地公園」(JR常磐線同川鉄橋下付近)。見頃を迎えた菜の花が咲き誇る同園=写真=で、市立東小沢小学校児童による創作和太鼓の演奏やクイズラリーなどが楽しめる。菜の花をバックに撮影した写真をプリントしてもらえるサービスも。無料。雨天中止。TEL.0294(22)3111 久慈川菜の花エコネットワーク推進会事務局(市環境衛生課リサイクル推進室)

神栖市シルバー人材センター「交流ショップ」

4月24日午前9時〜正午に同市溝口の同センター。地域の世代交流を図ることを目的に、月1回最終月曜に開催。切り花(1束100円から)やコーヒーを販売する他、刃物研ぎ(300円から)も。入場無料。TEL.0299(92)7583

森林インストラクターと歩く御前山観察会

4月29日午前9時30分に城里町御前山の道の駅かつら河川敷駐車場に集合。森林インストラクター茨城・村田誠さんの案内で東登山口、鐘つき堂跡、皇都川沿い道路を歩きながらコンロンソウ=写真、ニリンソウなどの植物を観察。午後3時終了予定。先着30人。500円(保険、資料代)。登山に適した靴と服装で。昼食、飲み物、筆記用具、雨具、あればルーペ等持参。小雨実施。23日までに電話で申し込む。TEL.080・1245・5393 村田

第33回水戸のつつじまつり

5月7日まで水戸市常磐町の偕楽園他。樹齢約300年のキリシマツツジ=写真=やドウダンツツジなど約380株が見頃を迎える。期間中の午前10時〜午後3時には「歴史アドバイザー水戸」による観光案内も。3日は江戸千家の野だて茶会(席料300円)や水戸黄門漫遊一座との記念撮影会(午前10時〜午後3時、雨天中止)も開催。7日午前9時〜午後5時には水戸駅南口発着の「観光漫遊バス」が無料運行される。TEL.029(224)0441 水戸観光コンベンション協会

第18回アースデイかしま 環境パネル展

4月26日まで鹿嶋市宮中のショッピングセンターチェリオ1階ジーコ広場。かしま環境ネットワークを始め、環境団体や行政など約20団体の活動の様子をパネルで展示。22日午後1〜3時に、かしま環境カルタと紙芝居も。無料。TEL.080・3477・2873 野口

こいのぼりイベント「びぜんぼり×こいのぼり」

4月20日〜5月7日に水戸市備前町の備前堀道明橋付近。最大9mのこいのぼりを含め、大小様々なこいのぼり=写真=約150匹が備前堀を彩る。29日午前10時〜午後4時には同所で雑貨市も。詳しくはTEL.029(224)0441 水戸観光コンベンション協会へ。

ぴんころ地蔵ご縁日

4月23日午前9時30分〜午後0時30分に水戸市松本町の二十三夜尊桂岸寺境内。茶やお楽しみスピードくじを無料サービス。菓子、陶製ぴんころ地蔵人形を販売。法話や新荘会のいきいき体操も。TEL.029(221)4854 ぴんころ地蔵会

スプリングフェスティバルスタンプラリー

水戸市内の偕楽園見晴亭、弘道館料金所、市植物公園内花の売店、市森林公園森の交流センター、大串貝塚ふれあい公園内市埋蔵文化センターで5月7日まで。市内の公共機関などで配布している同フェスのチラシに、2カ所の参加施設を巡ってスタンプを集めると、先着1000人に「みとちゃんオリジナル缶バッチ」がプレゼントされる。

缶バッチは2カ所目のスタンプを押した場所で引き換え。参加無料。プレゼントは1人1回、複数枚持ち込みは無効。全スタンプを集めた先着100人には「みとちゃん卓上カレンダー」=写真=をプレゼント。カレンダーは市三の丸臨時庁舎3階観光課で引き換え(5月12日まで)。詳しくはTEL.029(224)1111 市観光課へ。

収蔵資料展「彰考館に集う水戸藩の学者たち〜日立市名誉市民瀬谷義彦先生の業績を偲(しの)んで」

同市宮田町の市郷土博物館で4月23日まで。西野宣明、高橋坦室、市村器堂、長久保赤水など水戸藩の学問興隆に大きく寄与した学者らの資料を展示する他、地方史研究の第一人者として知られる瀬谷の業績も紹介。観覧無料。5日午前10〜11時30分に同館集会室で、郷土ひたち文化研究会員の野上平さんによる講演「水戸藩の献金郷士薄井友衛門について〜瀬谷先生の業績を振り返って」(定員60人、100円、要予約)も。TEL.0294(23)3231

第14回企画展「古代常陸の製塩土器」

ひたちなか市中根の市埋蔵文化財調査センター標本陳列室で5月14日まで。県内やその周辺地域から出土した、古代の塩作りに用いられた製塩土器について、解説パネルや出土遺物等で紹介。午前9時〜午後5時開館。月曜(祝日の場合は翌日)休館。無料。TEL.029(276)8311