布絵の世界に魅せられて10年

 古布で日本画を描く独自の世界に魅せられた仲間たちが集う「布絵の会」は、07年に布絵を見て感動した桜井加津江さんが、布絵作家・馬目ミチ子さんに布絵を教えて欲しいと頼んだことが発足のきっかけとなった。同会は10年間の創作活動の集大成として今、高萩市のリーベロたかはぎで初の作品展「布絵六人展」を開催している。