歌って演じるオペラのだいご味
創立20周年迎え、9月に日立で第5回公演

なかまvol.14 ひたちオペラ合唱団

 オペラ曲を歌って楽しみたい——そんな思いを抱く人々が1997年に結成した「ひたちオペラ合唱団」。アマチュアながら本格的なオペラを企画制作する全国的にも珍しい合唱団として、これまで「カヴァレリア・ルスティカーナ」「愛の妙薬」「道化師」「カルメン」の自主公演を成功させてきた。創立20周年となる今年は、5回目の公演を企画している。40人の団員は上演に向け、総掛かりで準備を進めている。

今回の上演作は、ヨハン・シュトラウスⅡ世が作曲したオペレッタ「こうもり」(全3幕)。

 「オペレッタこうもり」は9月3日午後2時開演。会場は日立市幸町の日立シビックセンター音楽ホール。全席指定S席4000円、A席3000円、B席2500円。詳しくはTEL.0294(43)2094 公演実行委員会事務局・木榑さんへ。