クラウドファンディングで念願の絵本を出版
重度脳性まひの詩人・藤枝利教さん

 ヘルパーの介護を受けながら東海村で独り暮らしをする重度脳性まひの詩人・藤枝利教さん(46)が、長年の夢であった絵本「3粒のぶどう家族」を完成させた。絵本には「虐待やいじめを受けていても、勇気を持って声を上げよう。周囲の人間関係を変え、新たな絆を作り出していける」という、藤枝さんの実体験に基づいたメッセージが込められている。

写真は笑顔で中山教育長に絵本を手渡す藤枝さん

 「3粒のぶどう家族」は1200円(税別)。野歌さんの作画、橋本さんの朗読CD付き。詳しくは  hujieda.toshiyuki@ra
inbow.plala.or.jpへ。