みんなが集まって輝き続け15年

〈演劇ファミリーMyu〉みの〜れ開館15年記念公演「まんまるムーン」10月に上演

 小美玉市の市四季文化館「みの〜れ」のこけら落とし公演として、02年に「田んぼの神様」を上演した住民劇団「演劇ファミリーMyu(みゅう)」。以降、住民による住民のための文化ホールを目指す「みの〜れ」と共に活動を続け、現在団員は小学1年生から70代までの幅広い世代の約80人。10月には団員らが中心となり、みの〜れ15歳記念オリジナルミュージカル「まんまるムーン」を上演する。写真は美野里公民館に集合した出演者ら。

 「まんまるムーン」は小美玉市部室の市四季文化館みの~れで、10月7日午後6時、8日午後2時から上演。観覧無料(整理券が必要)。新井さんは「月と同じで、みの~れは自分で輝くことはできないですが、みんなが集まってくることで輝いてきます。初めの理想、建った時の思いを感じられる舞台にしたい」と話す。詳しくはTEL.0299(48)4466 みの~れへ。