こども学校プロジェクト
「みんなちがって みんないい」 子供たちの声に耳を傾けたい

 現代の子供を取り巻く教育環境は、義務教育から学習支援、フリースクールなど、学習塾や学童保育だけの一昔前とは比較にならないほど多様化している。その中で、学習方法や環境を選べる義務教育があってもいいのではと考える有志たちが、今年5月に任意団体「こども学校プロジェクト」を立ち上げた。矢代貴司さんが代表を務めるプロジェクトのメンバーには、NPO法人セカンドリーグ茨城の横須賀聡子さんや学校職員の山崎一希さん、塾経営者の佐藤誠二さんなど教育に携わる人たちが名を連ねる。所属の枠を超え、新たな義務教育の形を模索するプロジェクトのコアメンバーに話を聞いた。

 同プロジェクトでは今後も月1回程度のペースでイベントを開催する予定。問い合わせはEメール(kodomogakko@
gmail.com)で。

詳しくは茨城朝日紙面をご覧ください。

活発に意見を交わす横須賀さん、矢代さん、山崎さん、佐藤さん(写真左から)