新鮮な魚介類を楽しめる漁師直営の
浜焼き店が鹿嶋市にオープン

 鹿嶋市で3代続く漁師の次男として22歳から漁に出ている小野和儀さん(47)がこのほど、鹿嶋沖で取れた新鮮な魚介類が味わえる「浜焼き 漁師小屋」を同市平井押合に開いた。
 小野さんは遊漁船も営業しており、週末には100人を超す太公望が都内などから訪れるといい、その釣り客らから「せっかくのおいしい魚介を味わえる場所がない。お土産を買う店がない」との声を長年聞いてきた。その声にいつか応えたいと思い続けていた。
 当分は午前3時からの漁や釣り船の営業と合わせ、忙しい日々になるが、「ずっとやりたいと思い続けてきたこと」と小野さんは笑顔を見せる。「自分や漁師仲間が取った自慢できるうまいものをたくさんの人に味わって欲しい」。
 水槽には一番人気のハマグリを始め、ホッキ貝や岩ガキなどが並び、ガスコンロを使った浜焼きを始め、缶に入れて蒸し焼きにするガンガン焼きが楽しめる。メニューにはシラス丼やホッキ貝のホッキカレーなども。別棟の直売所もある。営業は午前11時〜午後3時、5時30分〜8時30分。不定休。TEL.090・3242・5638

鹿嶋小野さん(写真右端)と漁師小屋のスタッフ